快適な住まいにするためのリフォーム~安心安全ハウスプラン~

作業員

様々なメリットがある

手すりの必要性について

修理

手すりは橋や階段、また屋上やベランダなどにおいて人が落下することを防ぐための器具です。特に階段に設置されるものは、その手すりを持つことで登りやすくするメリットがあり、また廊下に設置することで足の不自由な人でも安全に歩行できるように手助けすることができます。もともと手すりは公共の場や階段といった限られた場所に取り付けられるものでしたが、近年は高齢者が住む住宅においても取り付けられるようになっています。これらの手すりは補助するための器具としての役割があり、階段や廊下はもちろんトイレや風呂などにも取り付けられます。これにより立ち上がりやすくし、また手すりがない時に比べて転倒を防ぐメリットがあります。

取り付けるさいの注意点

手すりを取り付けるさいには、利用者に基づいた設置が必要になります。廊下などに設置するものであれば人が立ったさいの手首の位置が理想とされ、一般には750ミリから850ミリの範囲とされています。また出入口などに縦方向に取り付ける場合には肩から腰に掛けての高さが良いとされます。一方で階段などの場合には、段鼻から750ミリ、階段の真ん中から800ミリ程度になるように取り付けるのが負担なく利用できる高さとされています。また手すりの隅は物が引っかからないような金具にする必要があります。手すりの取り付けは、専門の業者が行っているケースもありますが、個人でも取り付けることが可能です。また高齢者がいる場合には介護保険を利用して取り付けることも可能です。